ラーニングファンド

社員の継続的な教育を支援するため、アドビでは教育援助制度とプロフェッショナルディベロップメント援助制度という2種類のラーニングファンドを提供しています。ラーニングファンドは利用基準を満たす各種コース、修了証取得プログラム、大学院課程の授業料、教材費、短期講習、ワークショップ、セミナーなどの費用を補助します。

教育援助制度

社員の教育を支援するため、アドビの教育援助制度は利用基準を満たす各種コース、修了証取得プログラム、大学院課程の授業料や教材費について年間最大1,087,620円まで補助します。

対象者

優秀な成績を修めることができたAdobeの正社員・契約社員(フルタイム)の方は、この福利厚生の対象となります。 正社員・契約社員(フルタイム)には、福利厚生の資格を満たす最低時間以上勤務しているアルバイト従業員を含みます。 インターンおよび派遣社員、ベンダーは、法的に必要な場合を除き、資格がありません。 コースの開始時と終了時にAdobeに雇用されていれば、授業料返金を受けることができます。

対象プログラム

社員の教育を支援するため、アドビのラーニングファンド教育援助制度は年間最大1,087,620円まで補助します。補助対象となるプログラムは利用基準を満たす認定機関での修了証取得プログラム、大学院課程の授業料や教材費についての費用です。その他業務に関連する資格取得も対象となります。詳しくは professional certifications [PDF] をご確認ください。

アドビの指定する資格以外の資格取得やコースを受講される場合、学習期間が開始から終了まで1週間(7日)以上のプログラムやコースのみ本制度の対象となります。その他1週間未満の短期プログラムに関してはプロフェッショナルディベロップメント援助制度(ジャパン教育援助制度)をご利用ください。

本制度を利用した補助申請は受講を終えられてから申請ください。受講コースを修了し、C以上の成績、P判定(合否判定の“合格”の証明など)、その他証明になるものと併せて費用の申請はを行ってください。資格を取得された場合は資格証明書を添付し、費用を申請ください。年間の補助金予算内であればアドビが100%費用を負担します。

通学の際に発生する以下の費用は補助対象外となりますのでご注意ください。

  • 校内ファシリティ使用料(図書室、パソコン、学生証発行費用、駐車場等)
  • 指定教科書以外の備品
  • 予備試験費用

Adobe Certified Expert関連の費用も対象外です。

Back to top

申込方法

  1. ご希望されるコースや資格が補助対象であるか確認する
  • 大学院に通われる場合は認定された大学もしくは教育機関であるか事前にご確認ください。
  • 資格を取得される場合は補助対象内であるか professional certifications [PDF]. のリストを事前にご確認ください。対象外の資格の場合、補助金申請が出来かねますのでご注意ください。
  1. 受講されるコースやプログラムの所要期間が条件を満たしているか確認する
  •  アドビの教育援助制度の対象として認定する資格、コース、プログラム以外を受講する場合、学習期間が開始から終了まで1週間(7日間)以上であること。これより短いコース、セミナー修了証取得プログラムは本制度の対象とはなりません。
  1. s コース開始前に上司の承認を得る
  • コース登録前に当該コースが仕事に関連したものであり、受講にあたり日程や時間など負担が生じないことを上司を確認し、承認を得てください。

     4. 申請をする

  • 授業料返金申請書に記入し[PDF]、記録用に申請書を保管してください。 領収書と成績表を添えて返金申請書と一緒に本フォームをご提出ください。
  • あなたと上長が申請を完了後、署名してコースの授業料を支払うことができます。

授業料返金の申請方法

コースが無事に修了したら、Concurにログインして次のアクションを取ってください。

  • 「Create New Claim」をクリック
  • 「New Expense Claim」 フォームの内容を完成
  •   正しいコスト・センターと経費の種類を入力
  • 「Next」をクリック
  •   支払報告書を作成したら、支払報告書に自己負担の授業料の返金金額を追加可能。
  •   スキャンした領収書を授業料返金申請書のコピー、最新の成績表または修了証のコピーとともにアップロードして添付
  • 「Save」 をクリック後、「Submit Report」をクリック

必要書類を全て提出し、申請が承認された後、返金は給与振込形式でにて行われます。 申請書の提出後、各国のPayrollスケジュールに合わせて返金を受け取ることができます。

当年12月30日までに修了する当年度のコースおよびプログラムについて必要な書類を全て添えて、My Adobe Benefits から返金申請を行う必要があります。12月30日以降に申請したコースは、翌年に承認後返金されます。

その他リソース

Application for Education Reimbursement [PDF]
Education Reimbursement Policy [PDF]
Education Reimbursement FAQs [PDF]
Professional Certifications [PDF]
2020 Education Reimbursement Benefit Amounts [PDF]

Back to top

プロフェッショナルディベロップメント援助制度(ジャパン教育援助制度)

社員の業務に関係するテクニカルまたはプロフェッショナルスキルの向上を支援するため、短期のカンファレンス、ワークショップ、語学研修など短期的な研修や教育について年間最大108,762円まで補助します。

対象者

優秀な成績を修めることができたAdobeの正社員・契約社員(フルタイム)の方は、この福利厚生の対象となります。 正社員・契約社員(フルタイム)には、福利厚生の資格を満たす最低時間以上勤務しているアルバイト従業員を含みます。 インターンおよび派遣社員、ベンダーは、法的に必要な場合を除き、資格がありません。 コースの開始時と終了時にAdobeに雇用されていれば、授業料返金を受けることができます。

対象プログラム

プロフェッショナルディベロップメント援助制度は現在の職務遂行上、必要があると上司に認められた短期の学習(研修講座、講演会、ワークショップおよび語学研修など)の費用を年間最大108,762円まで補助します。これらの受講前には、必ずマネージャーとご自身の業務とキャリアプランにあったものであることを確認してください。

※補助されるのは学習費用のみです。関連する交通費、食事、ソフトウェア、資料や購読費用などは本制度の対象となりません。

授業料返金の申請方法

プロフェッショナルディベロップメント申請用紙 [PDF]に入力完了し、上長の署名を取得後、記録用に保管します。 上司が確認書に署名すると、受講するコースの授業料を支払うことができます。 還付を受ける際、Concurにログインして次の指示に従ってください。

  • 「Create New Claim」をクリック
  • 「New Expense Claim」 フォームの内容を完成
  • 「Inside Adobe」> 「Search Learning Fund」の順番にアクセスして正しいコスト・センターと経費の種類を入力
  • 「Next」をクリック
  •  支払報告書を作成後、自己負担したコースの返金金額を支払報告書に追加可能
  •  スキャンした領収書を上長確認フォームのコピーとともにアップロードして添付
  • 「Save」 をクリック後、「Submit Report」をクリック


必必要書類を全て提出し、申請が承認された後、返金は給与振込にて行われます。 申請書の提出後、各国のPayrollスケジュールに合わせて返金を受け取ることができます。

当年12月30日までに修了する当年度のプロフェッショナルディベロップメント援助制度のコースについて必要な書類を全て添えて、My Adobe Benefits から返金申請を行う必要があります。12月30日以降に申請したコースのお支払い分は、翌年に承認後返金されます。

その他リソース

Professional Development Acknowledgement Form [PDF]
Professional Development Policy [PDF]
Professional Development FAQs [PDF]
2020 Professional Development Benefit Amounts [PDF]

Back to top