グローバル忌引休暇

アドビは人生の一大事に社員とその家族の面倒を見るために必要なサポートを皆さんが確実に受けられるよう努めています。ご家族の死亡に伴う社員の精神的、経済的負担の軽減するため、当社の忌引休暇は毎暦年度について最長20日間(4 週間)まで全額支給(基本給)されます。ここには祝日や法定要件も含まれています。家族との時間は大切です。家族の面倒を見つつご自身も大事にしていただくために必要な時間を持ってほしいと考えています。

全地域について、正社員、インターン、アドビが給与を出す派遣社員は近親者の死亡から最大4週間まで連続して有給休暇をとることができます:

  • 配偶者/内縁のパートナー、親、兄弟姉妹、子
  • 配偶者/内縁のパートナーの親、兄弟姉妹、子
  • 祖父母

近親者が死亡し休暇を取る必要がある場合、自国で提供するその他のアドビ休暇プログラムも是非利用してください。

アドビでは入社初日から忌引休暇を取ることができます。休暇は死亡から90 日以内に、(断続的ではなく)連続して1日単位で取ってください。休暇や病欠、サバティカルなど他の休暇プランと合わせて取ることもできます。忌引休暇は使わなかった場合の買い取りはありません。忌引休暇中の給与または手当への影響はありません。

忌引休暇が必要な場合は上司に相談し、必ず忌引休暇願を出してから、各国の休暇ツールを通して手続きを進めてください。

質問がある場合は FAQs [PDF] をご覧いただくか、エンプロイーリソースセンター(ERC)に連絡してください。